ペット産業・市場ニュース » 最新ペット産業市場ニュース » 災害時に人とペットを守るための唯一の資格、第3回ペット災害危機管理士(R)1級を開催
最新ペット産業市場ニュース

災害時に人とペットを守るための唯一の資格、第3回ペット災害危機管理士(R)1級を開催

更新:2017/09/07

動物専門教育のエキスパート機関である一般社団法人 全日本動物専門教育協会(所在地:東京都中央区、理事長:大橋教正、以下「SAE」)は、第3回ペット災害危機管理士(R)通学認定講座1級を、2017年10月21日(土)-22日(日)に宮城県気仙沼市にて開催します。

「ペット災害危機管理士(R)」は、SAEが2015年2月に創設した認定資格です。環境省が策定した「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」に沿って構築し、人とペットの身を守ることを重点に、また、避難や避難所での生活をサポートできるスペシャリストを育成するための専門プログラムです。

本資格では、緊急時に取るべき行動や知識レベルに応じてペット災害危機管理士(R)4級から1級まで、4段階を設定しています。級が上がる毎に知識だけでなく取るべき行動や瞬時の判断力、また、グループを束ねた救助活動を行うための実務能力や避難から復旧・復興に至る過程での様々な被災者(飼い主)とペットへのサポートも身に付くように設定されています。
また、当講座は「神奈川県箱根町」「一般社団法人 気仙沼観光コンベンション協会」「リアス・アーク美術館」の後援が承認されており、2級・1級の実地研修先として協力を頂き、全国に先駆け自治体と取り組む講座となります。

1級では、ペットと災害危機管理について啓発・普及を促進し、公助(行政・自治体)と協力できる「指導」を担います。宮城県気仙沼市で開催する意義は、災害経験地の当時の被害と今日に至る歩みを実感してもらい、既存の知識と実情のギャップを埋めることで、4級から修得した全ての能力を実務や発災時の機動力へ転化していけるよう強化させることです。

SAEは、災害が多発する日本列島において、当該有資格者が増えることにより飼い主1人ひとりの災害危機能力を向上させ、その1人ひとりが連携することで安心安全サポートをより強力に且つ効果的に行うことのできる環境とコミュニティー創りを推進していきます。

■イベントの詳細■
http://www.pet-no-shikaku.com/school-info/disaster-risk-management/5764

■開催概要■
主 催: 一般社団法人 全日本動物専門教育協会
日 程: 2017年10月21日(土)−22日(日)※1泊2日
場 所: 
(1)『気仙沼観光コンベンション協会』 宮城県気仙沼市魚市場前7-13「海の市」2F
(2)『リアス・アーク美術館』 宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5
受講料: 40,000円(税込)

■会社概要■
商  号: 一般社団法人 全日本動物専門教育協会
代 表 者: 理事長 大橋 教正
所 在 地: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-5銀座オオイビル5F
設  立: 2002年9月26日
事業内容: 動物関連資格の検定及び認定の実施と普及促進、動物関連イベント・講座の実施とその普及促進など
ホームページ:
(SAE)http://www.zennitido.com/
(SAEペットの資格)http://www.pet-no-shikaku.com/
(愛玩動物救命士)http://www.propet.jp/


<本件に関するお問い合わせ先>
企業名:株式会社SAEマーケティングワン
※当社は、(一社)全日本動物専門教育協会の広報窓口として活動しております。
担当者名:本多亜沙実
TEL:03-5565-0534
Email:support@sae-marketing-one.com
URL:http://sae-marketing-one.com/

最新ペット産業市場ニュースの新着記事

JPRニュース会員 ペットビジネスに役立つ情報満載!無料JPRニュース会員登録

メールアドレス