ペット産業・市場ニュース » 新商品・新サービス情報 » 日本一の競技犬の“疲れ”がきっかけで開発した、世界初、犬の疲れを軽減するリカバリー(疲労回復)ドッグウエア「良く寝る」と好評、11月から新デザイン発売開始!
新商品・新サービス情報

日本一の競技犬の“疲れ”がきっかけで開発した、世界初、犬の疲れを軽減するリカバリー(疲労回復)ドッグウエア「良く寝る」と好評、11月から新デザイン発売開始!

更新:2017/10/30

繊維メーカーで、休養・睡眠時専用のリカバリー(疲労回復)ウエアを製造販売する(株)ベネクス(神奈川県厚木市、中村太一 代表取締役)は、日本一の競技犬の“疲れ”がきっかけで開発した、犬の疲れを軽減する世界初の「リカバリードッグウエア」の新デザインと新サイズを、2017年11月2日(木)から発売します。

 

犬の動きを妨げない独自の生地のパターン(型)で、動いているときも寝ているときも、着用によるストレスを犬に与えない設計です。今回、肩口と足口にオレンジ色のラインを入れた新しいデザインにしました。今までの9サイズから全19サイズまで拡充し、小型から大型犬まで対応します。
販売は、共同開発した、機能性ドッグウエアを展開する(株)アイコンズ(北海道札幌市、三上昌彦 代表取締役)が、同社ホームページと自社店舗で行います。
「リカバリードッグウエア」は、ヒトが着る「リカバリーウエア」と同様に、ナノプラチナなど粒子状の鉱物を練り込んだ、独自開発のポリエステル繊維(PHT繊維)を使用。ナノプラチナなどが発する微弱な電磁波が、自律神経(交感神経と副交感神経)のなかでもリラックス状態に働く副交感神経に作用し、筋肉の緊張をほぐし、血流を促し、疲労回復や安眠へと導きます。本来、アスリート向けの休養・睡眠時専用ウエアとして商品化していた物を、犬用に応用しました。
販売当初は、興奮したり、疲れのたまる競技犬のトレーニング後や大会後、転戦の移動時に着用していただくものとして利用されましたが、現在は、一般家庭の愛犬にも愛用され、購買層を広げています。用途もドッグランで遊んだ後や車などで移動する時、就寝時のパジャマとしてなど、様々なシーンにわたっています。犬のオーナーからは、愛犬が「よく寝る」や「興奮が収まる」などと好評です。

■日本一の犬が疲れで首位陥落…着用後“爆睡”で復活優勝
元々、アスリートの休養・睡眠時専用としてリカバリーウエアを販売していた当社が、犬用の商品を開発したきっかけは、フリスビードッグのチャンピオン犬(TIGA)のオーナー(深谷氏)からの依頼でした。
同スポーツは、年間シリーズで転戦が多く、車での移動は、犬にとって大きな負担でした。
オーナー自身が当社リカバリーウエアの愛用者で、効果を感じる中、当社に対して「車中で寝てくれない犬にも絶対効果があるはず」と熱心にお誘いいただき、生地として素材を提供したのが始まりです。
その2010年当時、TIGAは3連覇のかかった年間シリーズを、年齢的な老いをみせ、優勝を逃していました。そんな中、リカバリーウエアの生地を手にした2011年には見事、復活優勝を果たすとともに、7歳という体力的に衰える年齢ながら勝利数で自己記録を更新。そしてその時の「移動のストレスを感じることなく、TIGAは車内で爆睡。しっかりと寝るから疲れが抜け、シーズン中は全く疲れを見せませんでした」というオーナーの感想を機に、商品化を目指すことになりました。
そこで、機能性ドッグウエアの企画・販売を行う(株)アイコンズに共同開発を依頼。犬の着心地や個体差を鑑みて考案された生地の型(パターン)など同社の持つノウハウを元に7サイズを商品化し、2012年9月から販売を開始。その後2013年12月に「チワワなど小さい犬用を」との愛犬家の要望を受け、全9サイズにラインナップを拡充しています。
TIGA(写真右)はその後も、ウエアを愛用しながら勝ち続け、2013年には昨高峰のクラスで前人未到の通算100勝を達成するなど快挙を成し遂げました。現在はTIGAの子供たち(九十九(つくも)、χ(カイザ)、小夜(さよ))が活躍しており、オーナーは「愛犬と長く付き合うにはケアが重要。ベネクスを着ることで犬はリラックスし、こちらのマッサージ効果も上がる。睡眠の質の向上で彼らの翌朝の元気が違う」と、高い効果を感じていただいています。

<リカバリーウエア参考資料>〜アスリートからビジネスパーソン・主婦へ利用者のすそ野拡大中〜
ベネクス(2005年設立)はリカバリーウエアを2009年1月から発売。これまでに50万着(2017年5月末時)を売るヒットを記録しています。
当初は運動後の休養時専用ウエアとして、スポーツ関係者から「着るだけで疲労回復や安眠を促す」と口コミが広がり、発売当初から日本代表選手らトップアスリートに愛用されます。最近では、アスリートに加え、慢性疲労のビジネスパーソンや、肩こり・不眠に悩む主婦まで、利用者のすそ野を広げています。
現在、全国約400店(百貨店やスポーツ用品店等)で販売するほか、直営店3店(東京2、大阪1)も運営しています。


046-200-9288(ベネクス)

新商品・新サービス情報の新着記事

JPRニュース会員 ペットビジネスに役立つ情報満載!無料JPRニュース会員登録

メールアドレス