ペット産業・市場ニュース » ペットビジネストレンド » 〜ダイバーシティを推進!動物も活躍できる社会に〜 サニーサイドアップが戌年にちなみ、社員全員ワンちゃんの新グループ会社「サニーサイドドッグ」を設立!
ペットビジネストレンド

〜ダイバーシティを推進!動物も活躍できる社会に〜 サニーサイドアップが戌年にちなみ、社員全員ワンちゃんの新グループ会社「サニーサイドドッグ」を設立!

更新:2018/01/10

“たのしいさわぎをおこしたい”をスローガンとするPR会社、株式会社サニーサイドアップ(本社:東京都渋谷区 代表:次原悦子 以下サニーサイドアップ)は、戌年である2018年1月、社員が全員“犬”の新グループ会社「サニーサイドドッグ」を設立しました。新グループ会社の役員には、サニーサイドアップ社員が飼っている“ワンちゃん”たちが就任しました。

サニーサイドアップでは、仕事始めである1月9日(火)に、社員に向けて新グループ会社設立の旨を発表。社長の次原氏から「ダイバーシティ(多様性)に積極的に取り組んできた企業として、今年は人間だけではなく動物も活躍できる環境を作っていきたいと思います。そこで今年は戌年ということで、社員が全員ワンちゃんの『サニーサイドドッグ』という新たなグループ会社を設立するに至りました。それではどうぞ!」と紹介されると、“6匹”の創業メンバーが登場。

サニーサイドドッグの初代社長には、はな(メス/トイプードル)が就任。また、サニーサイドドッグから新会社設立の挨拶の品として、111本のホットドッグが振る舞われました。その後、サニーサイドドッグの社員達は、サニーサイドアップの社員とともにオフィスで仕事を実施。犬向け靴商品のPR企画会議に参加するなど、自発的に業務に当たりました。
午後になると、サニーサイドドッグの創業メンバーらは役員会議を実施。新会社設立登記のための申請書類も作成し、管理本部のチェックを受けることになりましたが、書類を見た担当者の顔がみるみる曇っていきます・・・。書類に捺されたハンコをよく見ると「肉球」の跡が!新グループ会社設立は白紙に戻り、サニーサイドドッグの社員達は、飼い主の仕事が終わるのを待つだけなのでした。 
サニーサイドアップでは、今後も誰もが活躍できる社会を目指し、世の中に“たのしいさわぎ”を発信していくとのこと。

ペットビジネストレンドの新着記事

JPRニュース会員 ペットビジネスに役立つ情報満載!無料JPRニュース会員登録

メールアドレス