ペット産業・市場ニュース » 最新ペット産業市場ニュース » 日本初!子犬生体の取次販売システムを開始。取次店募集同時スタート!
最新ペット産業市場ニュース

日本初!子犬生体の取次販売システムを開始。取次店募集同時スタート!

更新:2018/02/09

トイプードルのブリーディング施設「といぷーはうす」の運営を行っている株式会社ジェノス(所在地:千葉県長生郡、社長 早川洋二)が、トリミングサロンや生体を扱っていないペット用品店を対象に、来店客をブリーダーへ斡旋することによる子犬の取次販売を開始します。 2018年2月16日より、首都圏(1都3県)に向け、取次店募集を開始します。

 

【背景】
他の先進国には見られない動物の展示販売は、日本独自のペット販売スタイルといえます。動物を終日に亘り、狭いガラスケージに入れて展示するのは、見方により虐待とも受け取れとの考え方から、展示販売に嫌悪感を持つ消費者が増えている傾向があります。
また、出生環境や生育環境が見えないことに不安を覚える消費者もあり、これらの考えを持っている場合、繁殖しているブリーダーから直接ペットを迎えたいとの潜在的ニーズがあります。
多くのブリーダーは、繁殖した犬の情報を消費者に直接伝える術が無く、店舗もありません。


【取次店販売システムの概要】
このニーズに応える販売方法として、トリミングサロンやペット用品店(生体販売をしていない)の店頭で映像放映、POP、HPを活用して来店客に告知し、顧客とブリーダーを仲介する機能を持たせることで、顧客がブリーダーを知る機会となり得ます。
取次店は、子犬を斡旋することで、トリミングの利用や用品購入など新規需要の確保に繋がることで販売促進となり、取次手数料を得られる仕組みとなります。
顧客に紹介するブリーダーは、繁殖方針や環境について一定の基準を満たしている優良なブリーダーを選定し、契約ルールやカスタマーサポートを統一し、顧客に対応します。
概要はこちらhttp://toypoohouse.com/pertner.html


【会社概要】
会社名:株式会社ジェノス
施設名:といぷーはうす
代表者:社長 早川洋二
所在地:千葉県長生郡長南町岩川791
事業内容:トイプードルのブリーディング施設「といぷーはうす」の運営
    :ブリーディング事業に関するコンサルティング
URL:http://toypoohouse.com
(サービス概要: http://toypoohouse.com/pertner.html
TEL:0800-111-8611
E-Mail:info@toypoohouse.com

最新ペット産業市場ニュースの新着記事

JPRニュース会員 ペットビジネスに役立つ情報満載!無料JPRニュース会員登録

メールアドレス