ペット産業・市場ニュース » 最新ペット産業市場ニュース » トイレに流せる『ニオイをとる紙の猫砂』から大容量タイプ登場!粒の大きさもサイズアップし、より飛び散りにくく改良
最新ペット産業市場ニュース

トイレに流せる『ニオイをとる紙の猫砂』から大容量タイプ登場!粒の大きさもサイズアップし、より飛び散りにくく改良

更新:2018/03/09

ライオン商事株式会社(代表取締役社長・川島 元樹)が、トイレに流せる紙素材の猫用トイレの砂『ニオイをとる紙の猫砂』を、飛び散りにくい大粒タイプにサイズアップ、また容量を変更し、2018年2月28日(水)から全国にて改良新発売しました。

 

【ニオイをとる紙の猫砂】

・商品画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/151057/img_151057_1.jpg

1. 発売の狙い
 猫用トイレの砂には、様々な種類がありますが、その中でも2017年の紙タイプ市場は、前年比で102%と伸張しています(2018年 株式会社インテージSRI)。紙タイプは鉱物タイプに次ぐ2番目の市場規模で、使用者は利便性を求めており、購入時の選択理由として「トイレに流せる(45%)」ことや「飛び散りにくさ(39%)」があげられていますが、使用にあたっては、「飛び散りにくさ」や「1袋あたりの容量」について、8割のユーザーが不満を感じています(2016年当社調査)。また、紙タイプ市場では10L以上の大容量品が大きく伸長し、2013年比では192%と伸長しております。
 そこでこの度、粒を大きくするとともに容量を変更して、『ニオイをとる紙の猫砂』を改良新発売しました。

2. 発売日・地域
2018年2月28日(水) 全国

3. 商品名・容量・価格
商品名 :ニオイをとる紙の猫砂
容量  :10L
小売価格:オープン価格

4. 商品特長
(1) 肉球に挟まりにくい大粒タイプで飛び散りにくい
 猫砂の粒が大粒なので肉球に挟まりにくく飛び散りにくいので、トイレ周りのお掃除の手間を軽減します。
https://www.atpress.ne.jp/releases/151057/img_151057_2.jpg

(2) トイレに流せるので後始末の負担を軽減
 トイレットペーパーと同等の紙素材で、固まりが水の中で素早くバラバラにほぐれるので、トイレに流せます(※1)。
 「トイレへの流しやすさ」に関する2つの品質基準(※2)を準用した評価で、流しやすさは確認済みです。また、固まりをゴミ箱に保管しなくて済むので、ゴミのニオイも気にせず快適空間を保てます。

(※1) お住いの自治体の指導がある場合には、それに従ってください。
(※2) トイレットペーパーの「ほぐれやすさ」試験(日本工業規格 JIS P4501)、大便器の「洗浄」試験(日本工業規格 JIS A5207)

(3) 大粒でもギュギュッと小さく固まり、崩れにくい
 少ない粒で固まるので、オシッコを吸収した部分が隙間なく小さく固まります。
https://www.atpress.ne.jp/releases/151057/img_151057_3.jpg

(4) たっぷり使える大容量10L
 使用量の多い紙砂ユーザーの利便性を向上。

(5) 粒が白いので健康管理に役立つ(※3)
 粒が真っ白なので、尿の色の変化がわかりやすく、体調の変化に気づきやすい為、健康管理に役立ちます。
(※3) 尿のpHを測定するものではありません。

(6) 「銅イオン」の消臭・抗菌効果でしっかり消臭
 銅系抗菌消臭成分はウンチのニオイにも有効。消臭・抗菌効果は長時間持続します。

(7) 燃やせるゴミとしても処理できる


【お問い合わせ】
ライオンお客様センター 
TEL:0120-556-581

最新ペット産業市場ニュースの新着記事

JPRニュース会員 ペットビジネスに役立つ情報満載!無料JPRニュース会員登録

メールアドレス