~病気になってからではなく、病気になる前に知っておきたいこと~ペットのお悩み解決!メール相談室【犬猫に長生きしてもらうためのホームケア】

2018/06/25

日頃からメール相談に対応している、往診専門Saraホリスティックアニマルクリニック院長の濱田氏が『ペットのお悩み解決! メール相談室:犬猫に長生きしてもらうためのホームケア』を執筆、この度出版となりました。

犬猫に長生きしてもらうための工夫、病気になる前に知っておくべきこと、情報の選び方、ホリスティックケア(ハーブ・アロマセラピー・ホメオパシー)、ワクチン、食事、日頃のケア、看取り、安楽死、ペットロスなど様々なテーマを含んでいます。

著:濱田真由美(Sara)
定価:1,577円(税込)

▼▽詳細・購入先はこちら▽▼
●一般書籍: https://goo.gl/2qjwjQ
●Kindle版: https://goo.gl/SDCYH8

内容紹介(Amazonページより抜粋)

ペットフードや療法食、獣医師に頼るばかりではなく、自らの手で犬猫の健康を維持させていきたいと考える方へ
インターネットが普及されるようになりペットの健康に関する情報が増えるにつれ、どれを信じたら良いのか分からず、迷子になっていませんか?
獣医師として、飼い主さんから日々お伺いしているご相談への回答(手作り食・ワクチン・サプリメント・ホームケア・看取りの心構えなどについて)や、犬猫の健康を維持し長生きしてもらうための秘訣をホリスティックな観点から伝えています。

<内容>
◆どうしたら犬猫に長生きしてもらえる?
◆寿命に影響を与えるものは何?
◆ホリスティックとは?
◆伝言ゲームに注意!
◆情報の見極め方
◆アロマセラピーに多い誤解
◆ペットフードは大丈夫?
◆手作り食の注意点
◆加熱食と生食のリスクとメリット
◆生食は本当に危険?
◆栄養バランスの点で気をつけるべきポイント
◆ニュートリゲノミクス
◆自然な食事とはどんな食事?
◆ペットフードを与えていてもサプリメントは必要?
◆ワクチン接種はどうやって決めれば良い?
◆接種後に起こりうる副反応
◆ホームケア:犬猫はなぜ嫌がるのか?
◆まず知るべきことはテクニックではない
◆飼っている猫は攻撃的でした
◆デンタルケア・投薬のコツ
◆どんな食事だと歯垢がつきづらい?
◆ブラシで歯磨きしないとダメ?
◆3つのケース(尿トラブル、膵炎×アジソン病、肥満×尿石症×便秘症の改善! )
◆ホメオパシー・ハーブの活用
◆安楽死の選択
◆英国人獣医師の言葉「日本の動物たちはかわいそう」
◆自然に触れることに飢えている犬猫たち
◆アニマルコミュニケーションとは?
◆ペットロスとは?
◆死を覚悟すること

著者について

濱田真由美(Sara)
Saraホリスティックアニマルクリニック院長/英国ホメオパシー認定獣医師(VetLFHom)
子供の頃から兄弟のように一緒に育ってきた犬を心臓病で亡くし、獣医師になると決意する。
大学卒業後 各動物病院にて10年間勤務した後、ホリスティック医療を実践するイギリスの動物病院にて研修し帰国。2014年にSaraホリスティックアニマルクリニックを設立。
現在はイギリスと日本両方に滞在し往診やSkype/LINEビデオ電話・メール相談にて犬・猫・うさぎ、フェレット、ハムスター、鳥に対する【オーダーメイド】の医療やホリスティックケア(西洋医学やホメオパシー・アロマ・ハーブなどの植物療法・食事指導など)を提案。セミナー活動・飼い主さまのための交流会などイベントを定期的に開催し、海外書籍やビデオの翻訳に携わり欧米の情報を日本に発信している。
今まで診察してきた動物の数は1万件以上にのぼり、ホメオパシーにて腫瘍、皮膚病、膀胱炎、問題行動、原因不明の症状(不眠、発作、嗄声、血尿、疼痛)などの治療を成功させる。
飼い主の要望をよく伺い、動物のカラダだけではなくココロにも目を向けた診療を行っている。
英国小動物獣医師会(BSAVA)・国際猫医学会(ISFM)・米国ホリスティック獣医学会(AHVMA)・国際獣医ホメオパシー学会(IAVH)・獣医生食学会(RFVS)・獣医植物医学会(VBMA)・日本獣医皮膚科学会・比較統合医療学会・日本獣医動物行動研究会等に所属。

臨床獣医師が監修したメディカル品質のホームケア製品 パラソルヘルスケア

注目のキーワード