臨床獣医師のためのCT・MRI遠隔読影サービス開始

2018/07/09

株式会社イーメディカル東京は東京大学附属動物医療センターとの提携によりCT・MRIの遠隔画像診断サービスを開始しました。

二次診療施設の画像診断業務の知識と経験を生かした読影により診断を支援。東京大学附属動物医療センター画像診断部の獣医師が読影し、読影レポートは3営業日以内に返却します。 ※動物種は犬・猫に限定
画像の送信や読影レポートの返却はセキュリティの高い専用ネットワークを介して行います。インターネット環境があればすぐにサービスのご利用が可能です。
登録費用・年会費無料で1件より定額(読影料:10,000円/件)で依頼可能。


●キー画像付きの読影レポート
キー画像が豊富な分かりやすい読影レポートを作成します。
画像所見と診断・コメントとともにキー画像が添付された読影レポートを作成しますので、病変部位を分かりやすくご覧いただけます。

●充実したフォローアップ
読影レポートを返却後も、質問応答サービスを通じて治療を支援します。
画像に関してはもちろん、検査や治療に関するご質問もお受けいたします。東京大学附属動物医療センターで現在行っている標準的な検査・治療を中心にお答えします。

詳細はイーメディカル東京にお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
株式会社イーメディカル東京
〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目15-5
TEL 03-3542-3588
http://www.emedicaltokyo.co.jp/veterinarian/index.html

臨床獣医師が監修したメディカル品質のホームケア製品 パラソルヘルスケア

注目のキーワード