世界初!?犬の目線で横浜をお散歩体験VRを公開!KDDIが愛犬と一緒に楽しめるVRコンテンツをWANCOTT主催のイベント『世界初?!愛犬と一緒にVR体験!』に提供

2018/11/21

KDDI株式会社は、株式会社シブヤテレビジョン(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木 眞巨)が運営する屋内日本最大級の犬と人のための大型複合施設「WANCOTT」(ワンコット)(横浜市中区山下町)が主催するイベント(『世界初?!愛犬と一緒にVR体験!』2018年11月9日(金)~11月11日(日)まで 開催)にて、ワンちゃん目線で横浜の街をお散歩できるVRコンテンツを提供いたしました。

『世界初?!愛犬と一緒にVR体験!』イベント報告

3日間のイベントを通して、計167組のワンちゃんと飼い主様にいらしていただき、本イベントおよび「ドーム型VRスペース」を楽しんでいただきました。

KDDIからは、世界初?!となる「愛犬の目線でお散歩体験」ができる「ドーム型VRスペース」を展示いたしました。この「ドーム型VRスペース」は、高さ2.4m、幅2.6mのドームに入っていただき、360°スクリーンで愛犬の目線でお散歩コースを見ることができるインスタレーション作品です。お散歩では、中華街→山下公園→象の鼻パーク→日本大通といった横浜有数の観光地を巡り、普段とは違った目線で横浜の街を見渡すことができます。

参加された飼い主様からは「犬目線のアトラクションはなかなかない。犬の気持ちが何となくわかった気がする」「今後も犬と一緒に何かできるものが増えて欲しい。そういった意味で今回参加できてよかった。もっと犬目線で色々なシチュエーションの映像を見てみたいと思った」といった声が寄せられました。ワンちゃんたちも一緒に「ドーム型VRスペース」に入り、スクリーンいっぱいに広がる横浜の街の風景を不思議そうに眺めていました。

イベントでは、VRの他にも「ボールプール」「フォトスポット」を設置。「ボールプール」ではめいっぱいボールの中に埋もれてはしゃぐワンちゃんの様子が見られました。「フォトスポット」では、年賀状にも使えるよう、門松や鏡餅に囲まれたフォトスポットや、草花に囲まれ『2019 HAPPY NEWYEAR』と施された2つのフォトスポットで、お正月気分先取りのワンちゃんの愛らしい様子を撮影されていました。

「ドーム型VRスペース」360°スクリーン①

「ドーム型VRスペース」360°スクリーン②

ボールプール

フォトスポット

『世界初?!愛犬と一緒にVR体験!』イベント詳細

日 程 : 2018年11月9日(金)~11月11日(日)
場 所 : WANCOTT (神奈川県横浜市中区山下町168-1)
参加費 : 無料

コンテンツ :
・ワンちゃんが遊べるボールプール
・世界初?!愛犬の目線でお散歩体験 「ドーム型VRスペース」
・フォトスポット

スケジュール :
<9日(金)>※2部からの開催
②13:00~14:30
③15:00~16:30
④17:00~18:30
<10日(土)、11日(日)>
①11:00~12:30
②13:00~14:30
③15:00~16:30
④17:00~18:30

定 員 : 1組あたり2名2頭、各回20組(要予約)
計参加者数 : 167組275名188頭
主 催 : 株式会社シブヤテレビジョン

WANCOTTとは

犬のトレーニング、介護、フィットネスなど、各分野の専門スタッフが連携し、犬と飼い主様の「楽しみ」「学び」「健康」を総合的にサポートする、大型複合施設。

ホテルと介護・老犬ケアを合わせると160部屋を保有しており、施設全体で約3,300㎡の面積を持つ犬向け施設としては国内最大級の施設です。1部屋最大6.8畳のスペースを持ち、宿泊中にドッグパーク(ドッグラン)で遊んだり様々なオプションを選べるなど、宿泊中に犬が楽しくなる時間を提供する「ホテル」、問題行動の改善や社会化、穏やかな生活をサポートする「トレーニング」、国内最大級全天候型屋内「ドッグパーク(ドッグラン)」、24時間体制で老犬と要介護犬を見守る「介護・老犬ケア」、カウンセリングのもと、それぞれの犬に適切な運動方法を指導する「リハビリ・フィットネス」、犬に関連するセミナーやイベントを行うスペースとして、また普段は会員様同士の交流や休憩所としてご利用頂ける約250㎡の「コミュニティースペース」など、犬と人が一緒に楽しむことができる複合施設です。

臨床獣医師が監修したメディカル品質のホームケア製品 パラソルヘルスケア

注目のキーワード