カンボジア初の政府公認・外国人獣医師による動物病院を首都プノンペンに2019年2月に開業予定 ~狂犬病の撲滅や動物保護、現地獣医師育成の拠点として活動・獣医師の募集も~

2018/12/06

群馬県藤岡市下大塚のハローどうぶつ病院は、JETROプラットフォーム事業支援のもと、2019年2月にカンボジア・プノンペンに、同国で外国人獣医師初の政府公認・動物病院「Japan Animal Hospital」を開業予定です。

概要

経済発展に伴い、イヌ・ネコなどのペットも急増しているカンボジアですが、現在でも毎年800人以上の方が狂犬病で亡くなっています。

これに対して、すでに狂犬病の撲滅に成功している日本のノウハウによる狂犬病の予防や撲滅への協力、遅れが指摘されているペット医療体制の向上への貢献、メコン川流域の動物保護など、カンボジアにおける動物医療の拠点として活動します。

また、タイなど複数の国から獣医師を招いて病院を運営、獣医師の国際的な交流の場となる予定です。

現在は開業に向け、日本人獣医師やスタッフなど、各種ご協力も募集しています。


【ハローとうぶつ病院HP】
http://www.animalhospital.co.jp/hello/

お問い合わせ先

●本件のお問い合わせ先 
ハローどうぶつ病院 ミステアプロジェクト:榎森康太
TEL:080-5490-1299 Mail:info@mistair.jp

臨床獣医師が監修したメディカル品質のホームケア製品 パラソルヘルスケア

注目のキーワード