遊ぶだけでしつけにもつながる『犬と遊ぶ本』を出版

2018/12/18

【犬の問題行動の半分以上は運動不足や飼い主とのコミュニケーション不足】

ウィジードッグクラブは全国のホームセンターやペットショップと提携し、63ヶ所で愛犬のしつけ教室を展開しています。その中、愛犬の問題行動の相談に来る飼い主様も多く、その原因の半分以上は、愛犬の運動不足や飼い主とのコミュニケーション不足が原因でした。問題行動を改善するには、飼い主と愛犬の信頼関係が結べているかが重要ですが、ほとんどの飼い主は愛犬の運動不足やコミュニケーション不足の部分には目を向けず、愛犬の問題だけを改善しようと無理やり言う事を聞かせるケースが多くありました。

【しつけという考えではなく愛犬ともっと楽しく遊んでほしい】

 ドッグトレーナーの立場でもっと愛犬と楽しく幸せに過ごしてほしいという想いと、無理やり言う事を聞かせるのではなく、まずは根本的な飼い主と愛犬の信頼関係を築いてもらうために、ウィジードッグクラブのしつけ教室で活動している16名のプロドッグトレーナーと共に、『犬との遊び』の本を作成することになりました。

【犬と遊ぶことの効果】

 遊びは様々な効果があります。
〇 愛犬の運動エネルギーの発散になり、問題行動が軽減します。
〇 飼い主が大好きになります。
〇 遊ぶことで自然と集中力が身に付きます。
〇 脳が活性化するので、より考えるようになり、しつけが入りやすくなります。
〇 遊びもルールの1つなので、ルールに従う事でしつけにつながります。

【様々な犬との遊びを提案】

 今回提案した遊びは、16名のドッグトレーナーがディスカッションを通して、全て楽しみながらしつけにもつながるツールになりますが、ただ単に楽しむだけの本ではなく、麻布大学で動物行動学を研究されている先生にも行動学の視点から遊びについての効果などもインタビューしています。
おもちゃ遊び・散歩で工夫・引っ張りっこ・宝探し・かくれんぼ・だるまさんが転んだ・身にアジリティ・言葉あそび・持ってきて・ヨーイドン!・迷路・追いかけっこ・ドッグダンス・自然を満喫など16項目の遊びとその効果を提案し、全て初心者からできるステップで書いています。

【今後はもっと遊びを提案】

 ウィジードッグクラブの考える今後のしつけ教室は、犬を幸せにするために、犬に言う事を聞かせるだけではなく、犬と遊ぶ本を教科書にして、一緒に楽しみながら絆を深めていく必要があると考えています。

このリリースに関するお問い合わせ先

ウィジードッグクラブ株式会社
代表:島本洋介
所在地:東京都大田区田園調布1-6-17
HP:http://wiz-dog.com/
TEL:03-5483-4910
FAX:03-5483-4912
info@japan-dog-academy.com

関連リンク

ウィジードッグクラブ
http://wiz-dog.com/book_play_with_dog.html

臨床獣医師が監修したメディカル品質のホームケア製品 パラソルヘルスケア

注目のキーワード