人と動物の幸せを願うpetomoni(ペトモニ)本格始動

2019/03/05

株式会社スタジオタカノ(本社:東京都小平市、代表取締役:高野裕二)が「人と動物との幸せな共生」を願うペット事業「petomoni(ペトモニ)」を設立。
「写真」というツールを使って、「動物たちの幸せのために何かしたい!」という思いで始まったこの事業は、2018年2月からのプレ期間を経て、同年8月「ペット(pet)と共に(tomoni)生きる」をスローガンに本格始動しました。

合わせて自社HPも今年2月にリニューアル。
どんな方にも分かりやすくを意識して対談形式のコンテンツを作成し情報発信にも力を入れています。

●petomoni HP
http://studio-takano.co.jp/service/animal/ 

<撮影画像>

petomoni(ペトモニ)とは

2019年2月で設立から丸1年を迎えたpetomoni(ペトモニ)の主な活動はペットが主役の撮影会。
撮影会を通じて、「動物と暮らすことの素晴らしさ」や「目の前にある小さな命の愛おしさ」を改めて感じて欲しいと願っています。
現在では毎週の定例撮影会をはじめ、トリミングサロン、都内の有名ドッグカフェや大手ペットショップでもイベントを開催するまでに成長しました。

なぜpetomoni(ペトモニ)はペット業界様々な分野で受け入れられるのだろうか?
それは常に考えている「今、私たちに出来ること」の一つとして導入した「参加型寄付活動」というスタイル。
petomoni(ペトモニ)の撮影会売上の一部は動物愛護団体への寄付に回ります。
家族の一員であるペットの可愛い写真を撮影し、さらに支払った撮影料金の一部がまだ幸せを手にしていない動物たちのため、動物愛護団体へ寄付されていきます。

その幸せが連鎖していくスタイルが、ペット業界や撮影会参加者の心を掴んでいます。
また、寄付活動とあわせて意識しているのは情報発信の重要性です。
寄付先は毎回スタッフが選定し、取材も兼ねて実際に足を運びます。

現場の生の声を聞き、新たに見えた課題や問題点を発信していくことで普段は見えない現状を多くの方々が知るキッカケとなればと考えています。


寄付先である動物愛護施設での取材記事やイベント情報、スタッフの愛猫も登場するSNSなどどんな方にもわかりやすく楽しめるようなコンテンツが揃っています。

中でも力を入れているのは対談形式のコンテンツです。
初回の対談相手は株式会社フレジエ代表でありモデルとしても活躍している高山直子さん。

愛犬家である高山さんにpetomoni(ペトモニ)の撮影会を体験してもらい、感想やペットに対する思い、殺処分問題についての対談を行いました。
対談記事は高山さんのインスタグラムやブログでも発信してもらうことで、普段動物と関わることのない方々にも情報が届き、知るキッカケとなると考えています。

petomoni(ペトモニ)では、撮影会の開催のみならず、ペット業界の課題・問題点の解決に向けての情報発信やそれに対する直接的なアプローチを起こしています。

今後は撮影会の規模の拡大や、人と動物との幸せな共生について多くの方々に考えてもらう場としてのイベント企画や運営なども視野に入れています。
急激に社会を変えることはできないが、petomoni(ペトモニ)を知った方が、ほんの少しでも殺処分などの課題や問題点について考え、また動物と暮らすことの素晴らしさを感じ興味を持ってくれたら、きっと人と動物が幸せに共生できる世の中がやってくる。
そう信じてpetomoni(ペトモニ)は今後も活動を続けていくとのことです。

【定例撮影会】
毎週 水曜日・木曜日
10:00~16:00(要予約)
問合せ:042-347-8830
petomoni担当まで

【出張イベント】
随時HP・SNSページにて随時公開中

<寄付先への取材訪問>

<課題が残る動物保護団体への取材>

<スタッフ愛猫写真>

<高山直子さんとの対談の様子>

運営会社について

運営会社:株式会社スタジオタカノ
会社HP:http://www.studio-takano.co.jp/
所在地: 〒187-0011 東京都小平市鈴木町1-206-3
問い合わせ先:TEL /042-347-8830(代表)
MAIL/petomoni@studio-takano.co.jp
事業内容: 学校写真事業・スタジオ撮影事業・出張撮影事業・貸衣装事業・アニマル事業 他

臨床獣医師が監修したメディカル品質のホームケア製品 パラソルヘルスケア

注目のキーワード