人とワンちゃんの競演!ドッグダンス競技会を開催

2019/04/08

「犬と人を笑顔にする」を理念に全国で愛犬のしつけ教室を行っているウィジードッグクラブ(本部:東京都大田区)は、飼い主と愛犬が音楽に合わせてダンスを行うドッグダンス競技会を開催します。

◆2019春 関東ドッグダンス競技会 9:00~17:00
2019年4月14日(日)カインズ鶴ヶ島店3階駐車場(埼玉県鶴ヶ島市三ツ木新町1-1-15) 

◆2019春 関西ドッグダンス競技会 9:00~17:00
2019年4月21日(日)カインズ神戸深江浜店2階駐車場(神戸市東灘区深江浜町59-5)

ドッグダンスについて

■犬のしつけは楽しく、飼い主も犬も健康で絆を深めることができるドッグダンス
ウィジードッグクラブは全国のホームセンターと契約し70か所、トレーナー約80名がしつけ教室を展開しています。その中で、飼い主も犬も年齢や男女問わず楽しみながら、健康にもつながり、しつけの1つとして信頼関係を深めることができる、ドッグダンスというクラスを開催しています。
ドッグダンスは、音楽に合わせて人がダンスをしながら犬にトリック(一芸)と言われる指示を入れていき、踊っているように見せるドッグスポーツです。犬が飼主の足の下をくぐったりジャンプをしたり、後ろ向きに歩いたりと普段見られないようなトリックが見られます。
ドッグダンスはエンターテイメント性もあり、見ている人を感動させることで「犬の社会的地位の向上」につながると考えています。ウィジードッグクラブでは、毎年春と秋に関東と関西でドッグダンス競技会を開催し、エントリー数は両大会合わせて150名近いエントリーがあります。


■ドッグダンスのメリット
ドッグダンスは、どんな飼い主もどんな犬も挑戦できる競技です。老犬であれば、ゆっくりした曲でダンスの構成をつくり、アクティブな犬であれば、アップテンポな曲でダンスができます。
また、ドッグダンスは「飼い主の指示に従って動く」しつけの1つで、なおかつトリックと言われる技が犬も飼い主も新鮮なので、楽しく学ぶことができます。
他のドッグスポーツと違い、トレーニングを行う場所も広いスペースを必ずしも必要としないので、気軽に楽しみながら絆も深まるドッグスポーツです。

■ドッグダンス競技会
ウィジードッグクラブは日本で初めて2005年4月29日に大阪ドームのイベントでドッグダンス競技会を開催しました。そこから、毎年の開催から春と秋に開催となり、今回の競技会で関東は9回目、関西は26回目となります。
エントリー者は年々増加し、近年では両競技会を合わせ約150名の方がエントリーをさえています。
また、クラスも初心者で発表のみの『ビギナークラス』、初心者の競技クラスの『アドバンスクラス』、中級者の『マスタークラス』、プロトレーナークラスで競技中に犬へおやつなどの使用も可能な『スーパークラス』、プロトレーナークラスで競技中に犬へおやつを使用してはいけない『スーパークラスⅠ』の5クラスに分かれています。
ビギナー、アドバンスクラス、マスタークラスは一般の飼い主様が参加されるクラスで、スーパークラスⅠ・Ⅱはプロトレーナーやセミプロが参加するクラスです。
ウィジードッグクラブは、犬の動きだけではなく、飼い主のダンスと犬のトリックの調和がとれたダンスを評価します。
また、MCも入れる事で、観客が見て楽しめるようにエンターテイメント性をとり入れています。

お問い合わせ先

ウィジードッグクラブ株式会社
代表:島本洋介
所在地:東京都大田区田園調布1-6-17
HP:http://wiz-dog.com/
TEL:03-5483-4911
FAX:03-5483-4912
info@japan-dog-academy.com

臨床獣医師が監修したメディカル品質のホームケア製品 パラソルヘルスケア

注目のキーワード