矢野経済研究所がペットビジネスに関する調査を実施(2019年)

2019/05/14

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、国内のペットビジネス市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業別動向、将来展望を明らかにしました。

1. 市場概況

2017年度のペット関連総市場規模は、小売金額(末端金額)ベースで前年度比101.4%の1兆5,193億円、2018年度は同101.5%の1兆5,422億円を見込むとの事。

一般社団法人ペットフード協会によると、過去5年間において犬の飼育頭数は減少傾向にあるが、猫の飼育頭数は横ばいで推移しています。全体として飼育頭数が伸び悩む中で、オーガニックを訴求するフードや、健康寿命の延伸を目的としたプレミアムフード、高齢ペットが食べやすい柔らかいタイプのフード・スナックなど、商品が多様化することで市場の拡大傾向が続いています。


表:ペット関連総市場規模推移と予測

2. 注目トピック

=ドッグスナック類~デンタルケア・オーラルケアの重要性=
ドッグスナック類はコミュニケーションフードとして需要が底堅く、市場は微増で推移しています。

近年は、犬の健康維持のためにデンタルケア・オーラルケアの重要性が認識され、参入メーカーによる飼育者への啓発活動や商品投入もあり、歯の健康や口臭ケアのために開発されたガム系商品が伸長しています。
​また、ペットの高齢化や小型犬人気を反映して、噛む力が弱い犬向けに 柔らか仕立てや小さめサイズの商品の投入が活発化しています。このほか、一般のペットフードと同様に、低脂肪、減塩、無添加、国産など、健康を訴求したり、安心・安全を全面に出した商品がメーカー各社から投入されています。

3. 将来展望

2019 年度のペット関連総市場規模は、小売金額(末端金額)ベースで1兆5,629億円、2020年度には1兆5,833億円と微増推移を予測。

ペットフードメーカー各社は、ペットとのコミュニケーション手段(フード)と位置づける商品を強化し、SNSへ商品使用時の動画投稿を促すことで販売を促進させています。また、ペット用品メーカー各社は、災害避難時に備えたリュック型ペットキャリーの需要が伸びていることを受けて、商品展開を強化。
ペットが家族の一員としてより身近な存在となることで、今後もメーカー各社は新たな商品や使用機会を提案し、飼育者の潜在需要を開拓するものとみています。こうしたことから、引き続き市場は拡大していくと考えられます。



【調査要綱】
1.調査期間: 2018年12月~2019年3月
2.調査対象: ペットフードメーカー、ペット用品メーカー、卸売業者、小売業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用

<ペット関連総市場とは>
本調査におけるペットとは、犬や猫を中心にペットショップ等にて販売されるペットを対象とし、ペット関連総市場とは、主にペットフード、ペット用品、生体、その他ペット関連サービス産業に大別される。なお、その他ペット関連サービス産業には、ペット美容室、ペット医療、ペット保険、ペットホテルなどの関連サービスが含まれる。

<市場に含まれる商品・サービス>
ペットフード、ペット用品、ペット関連サービス(ペット保険、ペット医療、ペット葬送、人材育成等)


【この件に関するお問い合わせ先】
会社名:株式会社矢野経済研究所
部署名:広報チーム
TEL :03-5371-6912
Email:press@yano.co.jp

臨床獣医師が監修したメディカル品質のホームケア製品 パラソルヘルスケア

注目のキーワード