《獣医ホリスティック医療研究会主催》第12回WEB勉強会【AAFP年次大会2019報告】2020年7月開催

2020/05/11

往診専門Sara ホリスティックアニマルクリニック(所在地:東京都港区、代表者:濱田真由美)が、獣医師向けにオンラインによる第12回勉強会【AAFP年次大会2019報告】を2020年7月15日に開催します。

【詳細・お申込みフォーム】
▶ https://forms.gle/fQDp5ACjvVR73HQy5

勉強会概要

【対象】
ホリスティック医療に関心のある獣医師

【日程】
2020年7月15日(水)20:00~22:00

【場所】
オンライン:インターネットが繋がればどこでも

【参加費】
会員:4,000 円 非会員:5,500 円
※テキスト配布について
 ご希望の方のみに事前にpdfファイルをお渡しします(資料配布:1回につき+2,000 円)

《ビデオ配信》
 3 ヶ月間の視聴(回数無制限):2,000 円


【講師】
***** 濱田真由美先生  *****
英国ホメオパシー認定獣医師(Vet LFHom)
西洋ハーブ医学認定獣医師・自然動物栄養学コース修了(豪州)
分子栄養医学研究会・認定医

北里大学獣医畜産学部獣医学科卒(在学中、米国 Purdue University にて短期研修)
10 年の動物病院勤務の後、2014 年にホリスティック医療を行うイギリスの各動物病院(Mark Elliot Associates, Glenbrae Veterinary Clinics, Balaneced Being)にて短期研修。2014 年に Sara ホリスティックアニマルクリニックを設立。15 年以上ホリスティック医療に関わる。
英国小動物獣医師会(BSAVA)・欧州コンパニオンアニマル獣医師会(FECAVA)・国際獣医ホメオパシー学会(IAVH)・米国ホリスティック獣医学会(AHVMA)・英国獣医生食学会(RFVS)・獣医植物医学会(VBMA)・日本獣医皮膚科学会・日本比較統合医療学会・日本獣医動物行動研究会等に所属。

勉強会テーマ

2019年秋に開催されたAAFP(American Association of Feline Practitioners: 全米猫獣医師協会)年次大会で取り上げられていたトピックスをお届けします。

・ 猫の抜爪問題(ディクロ-)について
・ 抗生剤・耐性菌の問題:適切な扱い方
・ パンドラ・シンドローム
・ CKD 治療のジレンマ:タンパク制限どうするべきか?
・ 水分摂取量とウェットフードの関係
・ 制酸剤を使用するときの注意点
・ MCS(マッスルコンディションスコア)の重要性
・ 食欲不振への対応(強制給餌は勧められない)
・ 腸腎連関:猫の慢性腎臓病と腸内環境の関係
・ 痛みの管理・薬の使い方
・ 猫を室内飼いすることのリスク
・ プロバイオティクスの選び方      など・・・

会社概要

【会社名】往診専門 Sara ホリスティックアニマルクリニック
【所在地】東京都港区南青山 5-17-2-502(事務所)
【代表者】濱田真由美(Sara)
【ウェブサイト】www.holisticvet-sara.com
【電話番号】050-5534-2215
【メール】info@sara-vet.com

QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付