《株式会社エデュワードプレス》VETERINARY BOARD 2021年1月号(特集:膝蓋骨脱臼)を発刊

2021/01/25

獣医学書籍等を発刊する株式会社エデュワードプレス(所在地:東京都町田市、代表:西澤行人)が、2021年1月15日「VETERINARY BOARD 2021年1月号」を発刊しました。

膝蓋骨脱臼は、日常の診療で最も診療する機会の多い整形外科疾患といっても過言ではありません。
しかし、膝蓋骨脱臼の原因と病態は完全に解明されておらず、さらに無徴候の症例に対する管理方法、保存療法と外科療法の適応、手術手技の組み合わせなどに関して未だ統一した見解が得られておりません。

「VETERINARY BOARD」1月号の特集では、監修の枝村一弥先生(日本大学)をはじめ、整形外科のエキスパートの先生方が、膝蓋骨脱臼の疫学、病態、診断、保存療法、外科療法に関する基本的な考え方と最新知見について解説。
そして症例報告では、前十字靭帯断裂を合併した症例、猫の症例、外科手術の合併症が生じた症例に関する内容をふまえ、膝蓋骨脱臼について包括して習得できる重厚な内容となっています。

詳細はこちらから▼
https://eduward.online/products/detail/1984
定期購読はこちらから▼
https://eduward.online/products/detail/1802

特集詳細

■総論①:疫学・病態
執筆/越後 良介先生(日本動物高度医療センター)

■総論②:検査・診断
執筆/戸次辰郎先生(ネオベッツVRセンター)

■総論③:保存療法
執筆/枝村一弥先生(日本大学)

■総論④:外科療法
執筆/一戸登夢先生、藤田幸弘先生(麻布大学)

■症例①:膝蓋骨内方脱臼と前十字靱帯損傷を併発し脛骨高平部水平化骨切り術を実施した犬の一例
執筆/石原 創先生(どうぶつ園通りの動物病院)

■症例②: 膝蓋骨内方脱臼と前十字靱帯断裂を併発しCORA based leveling osteotomy で対応した犬の一例
執筆/池田人司先生(オールハート動物リファーラルセンター)

■症例③:膝蓋骨脱臼を呈した猫の一例
執筆/天野まど香先生、本阿彌宗紀先生(東京大学)、石原 創先生(どうぶつ園通りの動物病院)

■症例④:脛骨粗面転位術に関連する合併症を呈した三例
執筆/櫻田 晃先生(さくらだ動物病院)

株式会社エデュワードプレスについて

・社名:株式会社エデュワードプレス
・設立日:1987年12月
・所在地:〒194-0022 東京都町田市森野1-27-14 サカヤビル2階
・代表:代表取締役社長 西澤行人
・事業内容:出版・電子出版事業、映像事業、セミナー事業、広告企画・コンサルティング事業、エデュテック事業
※2020年5月1日 株式会社インターズーは、株式会社エデュワードプレスに社名変更いたしました。

QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付