株式会社AI建築都市計画事務所が愛犬のために設計したドッグハウス 「Prism」を2月14日 発売

2020/01/23

建築事務所の株式会社AI建築都市計画事務所(所在地:東京都新宿区、代表者:阿部克也)がドッグハウスとドッグベッドの製作を目的に立ち上げたブランド「Chulo Dog House」より超小型犬用のドッグハウス「Prism」(プリズム・特許出願中)を2月14日(金)に発売いたします。

商品詳細

一級建築士が設計・デザインを手がけ、木工家具などによく使用される材木を使用。ワンフレーム構造を採用することにより強固な耐震性と心地よい暮らしを実現する機能性を兼ね備えています。耐震性は構造計算により、直上・側面共に200kgの衝撃に耐えることが証明されています。台風や地震など自然災害が増える現在、愛犬の命を守る強固なドッグハウスとなっています。また、愛犬と暮らす家庭では愛犬用のベッドとしてマットを使用するケースが多いなか、本製品ではあえてハウス型を採用しています。本来犬には自分より一回り大きいサイズの穴を掘り、寝床にする習性があります。その巣穴(ハウス)は、安心して暮らすための拠点であり、本能的に安心感を得るために必要な居住空間を提供したいという思いからハウス型の設計を行っています。設計者本人が愛犬家であることから、超小型犬のために細かいところまでこだわりが反映されており、愛犬がハウスに入る時に足をつまずかないようにハウスの床の高さを低くし、オプションで付属されるマットレスもハウスと同じ大きさにすることによって愛犬がフレームの間に足を挟んで怪我をしないように考慮されています。

「Chulo Dog House」の商品特徴

■特徴1▶ 家具のようなドッグハウス&ドッグベッド
Chuloのドッグハウスは、犬にとって解放感と本能的に求める空間の両立で居心地がよく、機能性を追求した設計です。ベッドはシンプルさと斬新さを合わせ持った、飽きのこないデザインで、フレームもマットも通気性がよく、良質な眠りをサポートしてくれます。

■特徴2▶ いつだって安心
ワンフレーム構造を採用した事により、地震による家具の転倒や物の落下にも耐ええるアーチ状のフレーム。

■特徴3▶ 思いやり
Chulo Dog Houseのデザインは、圧迫感がなく犬は隔離されている感覚が抑えられます。フリーな状況に慣れている犬でも入りやすく、飼主からも犬の様子をみる事ができて、フレームの間からはおやつをあげやすいので犬を誘導しやすく、ハウス内でのキープトレーニングなどにも適します。

■特徴4▶ 生活にこだわりを
オリジナルブランドである「Chulo Dog House」は、自社でデザイン・設計をし、日本国内で製作しています。

■特徴5▶ クリーンな暮らし
一段あがった床面と通気性のあるフレームは、ハウスやベッドを清潔に保ちやすくしてくれます。

会社概要

【社名】株式会社AI建築都市計画事務所
【HP】http://chulo-doghouse.com
愛犬がリラックスできる「丁度いい」空間。それがChulo Dog Houseです。

QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付