《足立区在住・主婦発》飼い主の負担を減らし、人とペットに優しい街づくりを目指すための犬のふん処理グッズ「わんぽろキャッチ」7月21日より新発売

2020/07/31

この度、足立区の主婦発明家・こばやしさとこ氏が、手を汚すことなく簡単に犬のふんを片付けられる「わんぽろキャッチ」というアイデアグッズを7月21日より販売いたしました。

詳しくはこちら▼
https://peraichi.com/landing_pages/view/wanporocatch

概要

現在、子どもよりも犬の数の方が多いといわれて久しい日本の家庭ですが、飼い主のマナー、中でも「犬のフンの始末」に関しては、これといった対策がなされないまま、社会問題となっている現状です。また、コロナ禍の中、新しく犬を飼い始める人が増えております。

こばやし氏は3年前に保護犬を引き取り飼い始めた時、子どもたちが芝生をゴロゴロして遊んだり、野球をしたり、土手に座って花火を見ていたことがふと脳裏に浮かびました。道路や公共の場に放置されたフン、また処理しきれずに汚れた地面というのは、他の方の多大な迷惑となります。と同時に、こばやしさとこ自身が飼い主になって気が付いたのは、フンの処理が非常に面倒だということでした。失敗すると手が汚れたり、雨のやフンがゆるい日など本当に手こずり、嫌になったのも1度や2度ではありません。地面に落ちる前に直接キャッチする便利な道具があれば、飼い主のマナーも向上するのではないか。それがすべての始まりでした。

そこで、主婦発明家として25年の活動と特許取得12件の経験を生かそうと、犬のフンをダイレクトに衛生的に処理するグッズを考案しました。「わんぽろキャッチ」はイラストの通り、はさんで・めくって・袋に入れるだけの、とても簡単にお使いいただける商品です。実際にご利用くださった方からも「ストレスが減った」「つかみやすい」と喜びの声が寄せられています。

さぁ作ろう!と思ったものの、開発はそれほど簡単なものではありませんでした。フンを受けることに成功したら、今度は2回目に対応できず撃沈。幅を調整したりとってをつけてみたりと改良を加えました。続いて、落ちているものも拾えるようにするには?トイレで流すためには?と何度も仕組みを練り直し、20回以上の改良を重ねたのが今回販売する商品となります。この度、足立区立生物園でもお取り扱いが決まり、各ネットショップのお力も借りて、販売をする運びとなりました。

商品詳細

商品名:わんぽろキャッチ
価格:1400円(税抜)
販売場所:
・ 発明学会ネットショップ
   https://www.hatsumei.or.jp/netshop/index.html
・ ミユキ精工ネットショップ(MIYUKI+)     
   https://miyukiplus.stores.jp/items/5f0bd4684adba0268213a4c0
・ 足立区生物園
   https://seibutuen.jp/

詳細はこちら▼
https://camp-fire.jp/projects/view/237765

商品にまつわる話はこちら▼
パタママブログ:https://ameblo.jp/patamama-style/

企画販売

【会社概要】
会社名:発明★雑貨 パタママ式 SKプランニング
住所:東京都足立区弘道1-5-20 第3弘道プラザ
メールアドレス:patamama.idea.goods@gmail.com
HP:https://patamama-style.tokyo

QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付