ロイヤルカナンが特別協賛「FCI ジャパンインターナショナルドッグショー2021」4月3日から開催

2021/03/26

栄養学に基づいた犬と猫のプレミアムペットフードおよび食事療法食を展開するロイヤルカナン ジャポン(本社:東京都港区、社長:山本 俊之)が特別協賛をする、日本最大規模のドッグショー「FCI ジャパンインターナショナルドッグショー2021」(主催:一般社団法人ジャパンケネルクラブ)が、2021年4月3日(土)・ 4日(日)大阪市インテックス大阪(6号館A)で開催されます。※

「FCI ジャパンインターナショナルドッグショー」は、70年以上の歴史を持つ一般社団法人ジャパンケネルクラブ(以下、ジャパンケネルクラブ)が年に1度開催する大規模ドッグショーで、今年は、107犬種、1,156頭の犬が出場を予定しています。その心身の健康と姿を専門家が厳正に審査を行い、トーナメント方式により最優秀犬が誕生します。

※当日は、来場者の安全のため、新型コロナウイルス感染予防対策を徹底の上、開催予定です。また、今後の新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては、延期または中止の可能性があります。

概要

■「ドッグショー」の意義
ドッグショーは、犬種の理想とされる犬種標準(スタンダード)を基に比較審査する「品評会」です。19世紀末に英国で初開催されて以来、世界中で開催されています。主催するクラブによって審査スタイルは少しずつ異なりますが、いずれも血統犬種ごとに定められた審査基準によって、健康で健全な精神を持ち、スタンダード(純血種ごとの本来の骨格や毛色など)に、より近い容姿を兼ね備えた犬を表彰することによって、純血種の保全と普及を目指しています。また、ショー会場は犬に関する知識の豊富なブリーダーや愛犬家たちが一堂に集まる貴重な機会でもあり、犬に関する情報交換が活発に行われます。そして、一般の方に少しでも犬についての知識を得てもらい、関心を持つきっかけとなることも役割のひとつです。「犬と人の幸せな共生」をサポートする有益な情報交換の場でもあります。

■人気の犬種から珍しい犬種まで 多様な犬が勢ぞろい
当日エントリーしている107犬種の中には、プードルやチワワ、ポメラニアンなど、一般にも人気の犬種はもちろん、普段見ることのない珍しい犬種も多数登場します※。
食事や運動、ケアなど、心身共に最高のコンディションで出場する犬たちは、まさに「真の健康」を体現するイベントの主役です。
※本ドッグショーに出陳予定の犬種。写真はイメージです。

■「ドッグショー」の審査
ドッグショーでは、犬種ごとの理想像を定めたスタンダード(犬種標準)を基準にして審査を行っています。審査ポイントは次の6点です。

1)タイプ(犬種ごとの特色)
2)クオリティー(犬質の充実度や洗練度)
3)サウンドネス(精神的・肉体的な健全性)
4)バランス(全体の調和)
5)コンディション(健康状態、精神状態)
6)キャラクター(魅力、マナー)

審査員はまず、個体審査(犬を前・横・後ろから見て、直接手で触って骨格、歯並び、毛質などのほか、歩かせて動きなどを確認)を行います。次に比較審査を行い、一番スタンダードに近いと思われる犬を最優秀犬に選びます。

■愛犬と一緒に過ごせる2日間。ロイヤルカナンのブースではアンケートに答えてオリジナルギフトがもらえる
ドッグショーでは、犬の品評会の他に、犬をコントロールする技術を競う「ハンドリングコンペティション」や「ジュニアハンドリングコンペティション」といった競技会も開催されます。また、犬のグッズが購入できるショッピングモールや、企業が出展するブース訪問もできます。何より、愛犬を連れて来場可能なため、愛犬家にとっては飽きずに楽しい時間を過ごすことができる2日間となります。ロイヤルカナン ジャポンも展示ブースを出展。ご訪問いただきアンケートにご回答いただいた来場者には、ブースに設置されたスロットで「ロイヤルカナン オリジナルギフト」をプレゼントします。

ロイヤルカナンは、「Dog & Cat First(すべては犬と猫のために)」という理念のもと、ペットの「ヘルスパートナー」として、専門家と協働しながらペットを取り巻く環境の向上促進を目指しています。ドッグショーに協賛することにより、より多くの皆様にペットの「真の健康」に関心を持っていただき、「ペットと人の幸せな共生」を実現する一助になることを願っています。

FCI ジャパンインターナショナルドッグショー2021概要

■日時: 2021年4月3日(土)・ 4日(日)9:00~17:00(4日は16:00終了予定)

■会場: インテックス大阪 (大阪市住之江区南港北1-5-102)6号館A

■入場料:
前売り800円※20名以上の団体が対象
当日1,000円 ※消費税込み。小学生以下無料。障害者手帳提示の方、及び付き添いの方1名まで無料
ジャパンケネルクラブ会員500円

■主催: 一般社団法人ジャパンケネルクラブ

■公式サイト:
https://www.jkc.or.jp/events/dogshow/info_2021fci-japan-international-dogshow

「FCI ジャパンインターナショナルドッグショー2021」は、新型コロナウイルス感染予防の徹底を図りながら開催いたします。なお、今後の新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては、開催を延期または中止する可能性がありますので、あらかじめご承知おきください。詳細につきましては、決定次第ジャパンケネルクラブのホームページ等によりお知らせがありますので、ご確認をお願いいたします。

ドッグショー見学のマナーと新型コロナウイルス感染防止対策については、以下サイトよりご確認ください▼
https://www.jkc.or.jp/events/dogshow/tour_and_manners

■ドッグショーについて、読者の方からのお問い合わせ
一般社団法人ジャパンケネルクラブ 広報課 TEL 03-3251-1060
https://www.jkc.or.jp/events/dogshow/info_2021fci-japan-international-dogshow

ロイヤルカナン社について

ロイヤルカナン社は、50年以上にわたり、犬と猫に真の健康を提供することに尽力しています。1968年、フランス人獣医師ジャン カタリーにより創設されて以来、獣医師、ブリーダーなど世界中のペットの専門家との連携を通して栄養学と知識の限界を押し広げることにより、A BETTER WORLD FOR PETS™(ペットのためのより良い世界)の実現を目指しています。常に犬と猫の栄養ニーズをイノベーションプロセスの中心に置いて、犬や猫の品種、年齢、身体のサイズ、ライフスタイル、感受性、活動レベルを科学と観察を通じて研究し、それぞれの犬や猫に最適な栄養バランスのフードを開発しています。ロイヤルカナンは、責任ある原材料調達、CO2排出量および廃棄物の削減、持続可能なパッケージ資材の使用という観点から、サステナビリティへの取り組みを推し進めています。世界100カ所以上の市場で事業展開しているロイヤルカナンの従業員は約7,800名。そのうち、約500名が獣医師と栄養学の専門家です。また、世界中に16カ所の工場、1カ所の研究開発センター、2カ所のイノベーションセンター、4カ所の研究所を運営しています。ロイヤルカナンの栄養学に基づいたフード製品は、世界中の動物病院、ペット専門店または公式通販サイトを通して販売されています。日本をはじめ、ヨーロッパ地域以外では、ロイヤルカナン社はユーカヌバ製品を展開しています。ユーカヌバは愛犬の健康とアクティブな毎日をサポートするフードブランドです。

ロイヤルカナンに関する詳細▼
https://www.royalcanin.com/jp/
ユーカヌバに関する詳細▼
https://www.eukanuba.jp/

QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付