《株式会社グローバルインフォメーション》市場調査レポート「動物用AST (抗菌薬感受性検査) の世界市場 (~2026年)」販売開始

2021/04/22

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物用AST (抗菌薬感受性検査) の世界市場 (~2026年):製品 (ディスク&プレート・培地・付属品・消耗品・自動AST)・動物区分 (犬・猫・馬・牛・豚・家禽)・エンドユーザー (動物リファレンスラボ・大学)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月19日より開始いたしました。

詳しくはこちら▼
https://www.gii.co.jp/report/mama996050-veterinary-antimicrobial-susceptibility-testing.html

概要

動物用AST (抗菌薬感受性検査) の市場規模は予測期間中6.1%のCAGRで推移し、2021年の1億米ドルから、2026年には1億3500万米ドルの規模に成長すると予測されています。

抗生物質の乱用による抗菌薬耐性の脅威の高まり、動物由来製品への需要の高まり、人獣共通感染症の流行、ペット保険への需要の高まり、動物医療費の増加、先進諸国における獣医師の増加、所得水準の向上などの要因が同市場の成長を推進しています。一方で、自動化ASTシステムのコスト高、ペットケアコストの上昇などがさらなる市場成長を抑制する可能性があります。

製品タイプ別では、ディスク&プレートの部門が予測期間中最大のシェアを示すと予測されています。ディスク法の高い利用率、感染症の有病率の増加などの要因が同部門の成長を牽引しています。また、動物区分別では、食料生産動物の部門が同期間中最大のシェアを示す見通しです。食料生産動物における抗生物質の高い使用率、抗菌薬耐性の発生率の増加、肉の需要の増加などの要因が同部門の成長を牽引しています。

当レポートでは、世界の動物用AST (抗菌薬感受性検査) の市場を調査し、市場の定義と概要、バリューチェーン、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) およびその他の市場影響因子の分析、法規制環境、技術・特許の動向、市場規模の推移・予測、製品・動物区分・エンドユーザー・地域/主要国など各種区分別の内訳、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

<目次>
第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 市場分析・予測:製品別
第7章 市場分析・予測:動物区分別
第8章 市場分析・予測:エンドユーザー別
第9章 市場分析・予測:地域・主要国別
第10章 競合情勢
第11章 企業プロファイル
第12章 付録

購入方法

下記URLよりご購入頂けます。
https://www.gii.co.jp/report/mama996050-veterinary-antimicrobial-susceptibility-testing.html

※購入検討用にレポートサンプルの提供なども行っています(無料)

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

会社概要

企業名:株式会社グローバルインフォメーション
URL▶ https://www.gii.co.jp/

QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付