《全日本動物専門教育協会》ペット防災に強くなる新講座「猫防災アドバイザー」「小動物防災アドバイザー」7月1日から開講

2021/07/08

動物専門教育のエキスパート機関である一般社団法人 全日本動物専門教育協会(所在地:東京都中央区、理事長:大橋教正、以下「SAE」)は、2021年7月1日に新規講座「猫防災アドバイザー通信認定講座」「小動物防災アドバイザー通信認定講座」を開講しました。

詳しくはこちら▼
https://www.pet-no-shikaku.com/info/18304

「猫防災アドバイザー通信認定講座」では、猫の生態と行動を理解し、日頃の防災に生かすとともに、避難行動や避難生活による猫への負担を軽減するための知識を学びます。
「小動物防災アドバイザー通信認定講座」では、ウサギ、フェレット、ハムスター、小鳥といった小動物の生態や飼養方法等を学びます。

昨今の日本では、地震や風水害をはじめ自然災害が多発しています。また、火事をはじめとする災害を含めると身に及ぶ危険性は常時身近に潜んでいます。いざというときに「人とペットの命を守る」ため、日頃から災害に対する意識を持ち、いざというときに迅速な行動を起こし、ペットと共に避難生活を送るための正しい知識を持ち合わせていることが大切です。

「ペット災害危機管理士(R)」とは

SAEが2015年2月に創設した認定資格です。環境省が策定した「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」に沿って構築し、人とペットの身を守ることを重点に避難や避難所での生活をサポートできる人材を育成するための専門プログラムです。
※ペット災害危機管理士(R)は一般社団法人動物専門教育協会の登録商標です。

SAEは「教育という観点から人と動物が共生できる調和のとれた真の社会づくりに貢献する」を理念に掲げ、今後も人とペットとの共生社会の実現に貢献していきます。

カリキュラム概要

■猫防災アドバイザー通信認定講座
①ネコの歴史
ネコと人との関わりにどのような歴史があったのかを学びます。

②ネコの生態
ネコの体のつくりや習性を知ることで、ネコがどのような生き物なのかを学ぶことでネコへの理解を深めます。

③多頭飼育の避難
多頭飼育(2頭以上を飼育)の避難には様々な問題点や課題が多く、これから2頭目を迎えようと考えている方、すでに多頭飼育の方もいざという時に備えるための知識を学びます。

④ネコとの在宅避難
発災後、自宅の被害が少ない場合や感染症予防の問題などから、在宅避難が推奨されている地域もあります。ネコとの在宅避難には何が必要かを学びます。


■小動物防災アドバイザー通信認定講座
①フェレット、ハムスター、ウサギ、小鳥の歴史と生態
日頃の防災や避難所などでの受け入れ時に生かすために小動物に関する歴史と生体について学びます。

②飼養に必要な物品や飼育環境
小動物は、温度管理や湿度管理への配慮がイヌやネコに比べて必要で、些細な間違いが生死を分けることすらあります。飼育環境を知ることは、避難所に避難してきた小動物たちを守ることにも繋がります。

③避難所等での適正飼養
温度や湿度管理だけではなく、脱走防止など、体が小さいからこそ気をつけるべき点が多くあります。その知識を身につけることで、人にも小動物にもストレスの少ない飼育環境を用意することが可能になります。


※通信認定講座「猫防災アドバイザー」「小動物防災アドバイザー」を同日に開講いたします。

SAEは、2015年以来多くの方々に受講、資格を取得されている「ペット災害危機管理士(R)」の資格取得をおすすめしており、災害時に人とペットの身を守るために必要な危機管理の知識を有する人材の育成に努めています。

お申し込みはこちら▼
https://www.pet-no-shikaku.com/info/18304

会社概要

商  号: 一般社団法人 全日本動物専門教育協会
代 表 者: 理事長 大橋 教正
所 在 地: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-5銀座オオイビル5F
設  立: 2002年9月26日
事業内容: 動物関連資格の検定及び認定の実施と普及促進、動物関連イベント・講座の実施とその普及促進など

SAE▶ https://www.zennitido.com
SAEペットの資格▶ https://www.pet-no-shikaku.com
愛玩動物救命士▶ https://www.propet.jp

QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付