保護ペットのための新しい譲渡サイト 「Matching Pet/マッチングペット」が10月20日に開設

2021/10/22

救えるペットの命(所在地:静岡県湖西市、代表:鈴木 克典)は、高齢者社会とリモート時代の、コロナ禍で増え続ける保護ペットの新時代の譲渡サイト、救えるペットの命「Matching Pet/マッチングペット」を2021年10月20日に開設します。

詳しくはこちら▼
https://matching-pet.jp/

概要

全国の動物愛護施設や保護活動団体、個人の活動者には、保護犬や保護猫、小動物類など様々な保護動物が引き取られます。愛護施設に連れていかれたペットは、引き取り先が無ければ数日で殺処分となります。

今回開設するサイトは、現在引き取られた動物だけでなく、高齢や病気などの理由やコロナ禍で増加した動物が、自己都合などで飼育が困難になり、愛護施設や団体等に引き取られる可能性がある、未来の保護動物予備軍にも手を差し伸べることで、事前に「みらいの里親になる」という選択を早期に検討していただく事が可能になる、新時代のペットマッチングサイトの開設を行います。

■「Matching Pet/マッチングペット」とは

もう飼えないという状態になる前に、今の飼い主と新しい里親の未来マッチングを目指す、「Matching Pet/マッチングペット」。従来のペットの里親探しサイト同様に今の里親探しはもちろんのこと、飼い主の健康不安や年齢的な不安、仕事や生活環境の変化により、ペットの世話が出来なくなる可能性や、ペットの将来が不安な方のために、現状のまま事前にみらいの里親を決めておく事のできるペットマッチングの場を提供します。

保護団体等のデータでは、保護される動物の70%は、高齢者が飼うことが出来なくなり、捨てられていると言われています。

保護動物の譲渡活動をされている方にとって、コロナ禍での活動は大変厳しく、高齢化社会とリモートワークが相まって、増え続ける保護動物の譲渡活動に大きな支障をきたしているために、多くの保護動物が里親を見つけられずに悲しい思いをしています。

新時代に向けた「Matching Pet/マッチングペット」を活用して、現在の保護ペットだけでなく、ペットの世話が出来なくなる前に、みらいの里親を予め決められれば、愛護施設や保護団体などに引き取られる動物達がいなくなり、飼い主とペット共に幸せになる事ができ、殺処分を回避することに繋がります。

■動物の癒し効果

高齢者にとってのイヌやネコなど、ペットのいる生活は、高齢者の毎日に癒しを与えてくれます。ペットの世話をすることで気持ちや生活にもハリが生まれますし、動物とのふれあいは「アニマルセラピー」とも呼ばれ、認知症などへの効果も認められ、寿命が延びるというデータもあります。

しかし、現実は家庭の事情などで愛護施設に持ち込まれるペットが後を絶ちません。

今のままでは、高齢者又はペットの寿命から換算した自身の家庭環境、仕事環境の変化や10~15年後の飼い主の年齢を考えると、新たにペットが飼えなくなってしまいます。

そんな不安は、今健康な全ての方にも当てはまります、何時か飼えなくなってしまう前に、事前に里親を募ることが出来れば、高齢者でも安心してペットを飼うことが出来ます。そんな、これからの時代に向けたサイトが待たれていました。

救えるペットの命プロジェクトとは

全国のペット保護施設や保護活動団体、個人の活動者(譲渡人)から、当サイトに登録された保護ペットの里親を希望する譲受人(里親、新親)が当サイトを利用することで、希望の地域の譲渡ペットを検索して里親希望が出来るシステムを構築。


サイト運営者:救えるペットの命 鈴木克典
       〒431-0421 静岡県湖西市新所5957-6-2

QAL
QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付