ペット産業・市場ニュース » ペットビジネストレンド » 矢野経済研究所、ペット市場の動向調査結果を発表
ペットビジネストレンド

矢野経済研究所、ペット市場の動向調査結果を発表

更新:2007/05/22

矢野経済研究所では、拡大基調のペットビジネス業界について、ペットフード、ペット用品、その他関連市場の商品・サービス・価格動向、チャネル別動向等のマーケット現状分析と今後の展望を行うことを目的に当調査を行った。調査対象は、ペットフード・用品メーカーを中心に小売店・卸等およそ50社、併せて関連団体・省庁への調査も実施、調査期間は、2007年2月〜2007年4月の間で、弊社専門研究員による直接面接取材及び電話・FAXによるヒアリングを併用したもの。

【調査結果の要約】

〇ペット関連総市場は拡大基調。2005年度は前年度比2.1%増
2005年度ペット関連総市場は前年度比2.1%増の1兆388億円(末端ベース)。2006年度(見込)は同2.9%増の1兆687億円。ペット共生環境整備、飼い主ニーズを満たす商品、サービスの創出が市場拡大に寄与

〇ペットフード市場はプレミアムフードが市場を牽引
2005年度ペットフード市場は前年度比0.4%増の2,654億円(メーカー出荷金額ベース)。2006年度(見込)は同0.5%増の2,667億円。ペットの小型化による数量の減をプレミアムフードの好調な動きがカバー

〇ペット用品市場は2005年度拡大に転じ、前年度比2.3%増
競合激化、低価格品の増大により横ばい傾向にあった当該市場は、2005年度に前年度比2.3%増の1,400億円、2006年度同5.0%増と拡大基調に転じる。室内共生のための衛生関連用品や、ファッション関連、お出かけ用品などの新カテゴリーの伸長が市場拡大を牽引

尚、この調査結果をまとめたものは、
「ペットビジネスマーケティング総覧 2007年版」
 体 裁:A4判 354頁
 定 価:126,000円(税込)
 発刊日:2007年4月30日

として、発売している。

お問い合わせ先:株式会社矢野経済研究所
        所在地:東京都中野区本町2−46−2 
        代表取締役社長:水越 孝
        設 立:1958年3月
        年間レポート発刊:約250タイトル
        URL:http://www.yano.co.jp/

ペットビジネストレンドの新着記事

JPRニュース会員 ペットビジネスに役立つ情報満載!無料JPRニュース会員登録

メールアドレス