《一般社団法人 日本環境保健機構》ペットと人にやさしい住まいづくりを学ぶ『ペット共生型住環境アドバイザー』資格スタート

2020/10/23

一般社団法人 日本環境保健機構(所在地:東京都中央区、代表:尾崎美賀子)は、ペットと人にやさしい住まいづくりを学ぶ「ペット共生型住環境アドバイザー」の資格をスタートさせました。

「ペット共生型住環境アドバイザー」は、ペットの生態や習性を学び、「ペットと共に生きる」住環境・生活環境づくりを知るための資格です。
本資格は「ペット共生型ユニバーサルデザイナー」を上級資格とし、講義内容の難易度を下げたものを初級資格として、「ペットと暮らす」ことを学んでもらうことを入り口とする「ペット共生型住環境アドバイザー」として創設されました。


公式HP▼
http://jeho.or.jp/pet/

概要

<目的>
災害時に備えるペットの防災についてもカリキュラムに盛り込み、住環境づくりを通じ、人と動物の高齢化に対する合理的配慮を促す必要性を学ぶことを目的としています。

<こんな方にお勧め>
・建築業・不動産業関係者
・福祉事業関係者
・動物医療関係者
・ペット飼育者、防災を担当する行政関係者

<資格を取得するメリット>
①ペットの生態、習性、ペット防災の基礎知識を学ぶ
②ペット共生型住宅やペット共生型施設の企画の基礎知識が身につく
③ペット共生型ユニバーサルデザインを推進するコミュニティに参加できる

資格取得の詳細

【資格取得の仕方】
ペット共生型住環境アドバイザー講座(3時間)を受講し、レポート提出を行います。そのレポートを一般社団法人日本環境保健機構が評価し、一定水準以上の成績を収めたものが資格認定されます。レポートの成績により、再提出を求められることがあります。

【講座カリキュラム】
①ペット共生の住まいについて(基礎編)
②いつまでもペットと暮らす快適わが家~人とペットの高齢化に対応する住環境~
③人もペットも守る住環境のつくり方(危機管理編)

【受講資格】
どなたでも受講可能です

【ペット共生型住環境アドバイザーに求められる知識】
ペット共生型住環境アドバイザーは、以下の点に関して専門的知識を有するものと定められています。
・カビやダニに関わる様々な問題の基礎知識について
・個々の住まいにとどまらず、地域社会における住環境のコーディネーターとしての知識について

【講座価格】
33,000円(講座料金22,000円+登録料11,000円・税込)

【担当講師】
佐々木優斗 氏
(往診専門動物病院 わんにゃん保健室 動物介護・看護師長、一般社団法人 高齢動物医療福祉協会 専務理事)

小澤邦博 氏
(特定非営利活動法人はちふく・ねっと 理事長、一級建築士事務所 小澤塾代表)

西村裕子 氏
(千葉科学大学 動物危機管理教育研究センター 特命研究員、埼玉県認定災害ボランティア団体 動物支援ナース 代表)


資格についての詳細は、動画でも視聴可能です。
≫ https://youtu.be/ERftV6EEYIo

お申し込みはこちらから▼
https://online.lec-jp.com/disp/CSfLastPackGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=100171056

主催団体

法人名:一般社団法人 日本環境保健機構
設立:2013年(平成25年)8月
事業内容:環境由来の健康問題に関する調査研究、専門家の育成および資格認定制度運営
代表理事:尾崎美賀子
所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-11-5、吉泉ビル2階
電話番号:03-6869-8270
ファクス:03-6869-8272
URL: http://jeho.or.jp/

QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付