ペピイ×NPO法人動物愛護社会化推進協会が「新型コロナウイルス感染予防に伴うペット飼育者の生活の変化とペットとの関係」についてアンケートを行い、調査結果を発表

2020/06/08

NPO法人 動物愛護社会化推進協会(理事長:西村 亮平 www.happ.or.jp )が実施する『新型コロナウイルス感染症/感染拡大予防対策に伴う、日常生活の変化とペットとの関係に関するアンケート調査』に、ペット用品の通販ショップ「PEPPY(ペピイ)」を運営する新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:宮﨑 安弘)がペットと暮らしている会員へアンケートを行い調査に協力。ペットの飼い主と新型コロナウィルス感染症に関する生活の変化について、調査結果が発表されました。

5114人の回答者のうち、普段の暮らしに何らかの変化が生じたと回答した人は74%に。また、新型コロナウイルスに対してペットとの暮らしに心配や不安を抱いている人は76%に達し、その中でも「自分や家族が感染したときペットはどうなるのか、世話はどうすれば良いのか」が最も多く72%、「ペットにも感染するのか、人からも感染するのか」が40%と続く結果となりました。

詳しくはこちら▼
https://happ.or.jp/%E3%80%8C/press/200525

概要

◆◆ 目的 ◆◆
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大対策に伴い、外出や移動の制限、営業活動の自粛、テレワークへの移行など、多くの方の生活に様々な形で影響が及びました。そのため、「家」に居る時間がこれほど多くなったことは、近年の日本においては前例がなく、ペットとの触れ合う機会が増えたことで、様々な事例(良い面も、悪い面も)の集積を目的としてアンケートを実施しました。


【実施概要】
期間:2020年4月15日~5月10日
対象:ペピイネット会員(犬または猫を飼育されている方)16万人
集計対象:5114人

調査アンケートのダウンロードはこちらから▼
https://happ.or.jp/%E3%80%8C/press/200525

調査結果

【質問】あなたの生活が変化したことで、ペットとの関係、ペットに対する意識が変わったと感じることはありますか?
【結果】変わったと感じた・・・50.7%
【良い理由】
・ ペットと一緒にいられる時間が増えた
・ ペットが以前より甘えるようになった
【悪い理由】
・ 自分や家族が感染しないよう気を付けている。感染した場合、ペットがどうなるか不安に思う
・ (感染を予防するため)散歩の回数が減った、外出しなくなった

▶良い面では、ペットと触れ合う時間が増え、より絆を育むことができている。悪い面では、感染リスクを減らすために犬の散歩や一緒に出かける機会が減ったことがわかった。他にもペット自身の変化として、「甘えるようになった」「おとなしくなった、猫同士の喧嘩が減った」という変化があったことがわかった。

【質問】新型コロナウイルス感染症の予防で、特にペットとの暮らしの中で工夫していること、気をつけていることはありますか?
【結果】ある・・・63.8%
【内容】
・ 自分自身の感染予防/うがい・手洗いの励行、マスクの着用、など
・ ペットの衛生管理・散歩から戻ったら足を拭く、触る前に手を洗う、など
・ 散歩での工夫、散歩に行かない、時間を短くする、他の人に触らせない、など



▶新型コロナウィルス感染症の予防で、ペットとの暮らしの中で工夫していること、気を付けていることが「ある」と答えた方が60%以上。飼い主の感染予防を気を付けたという方は60%以上。
ペットに感染症がうつるかどうかも分からない中、自分自身の感染を気を付け予防をされている方が多い。他にも、ペットの衛生管理として、「足を拭く、触る前に手を洗う」などを行っている飼い主が多いことが分かった。

【質問】あなたがペットとの暮らしで新型コロナウイルス感染症に対して心配なこと、不安に思っていることはありますか?
【結果】ある・・・76.0%
【内容】
・ 自分や家族が感染した時、ペットとの世話をどうするか、預け先はあるのか、など
・ ペットにも感染するのか、人からも感染するのか、など
・ ペットが感染するとどんな症状がでるのか、検査や処置、予防する方法は、など


▶新型コロナウィルス感染症に対して心配なこと、不安に思っていることがある方は70%以上。最も多い理由は「自分や家族が感染した時、ペットの世話をどうするか、預け先はあるのか」 多く飼い主が新型コロナウィルス感染症に対して不安に思っていることがあることがわかった。
不安の多くは理由は「飼い主が感染した際のペットの世話をどうするべきか」。
他にも「ペットにも感染するのか、人からも感染するか」など、ペットの健康について考えている飼い主も多いことが分かった。

会社概要

【認定特定非営利活動法人 動物愛護社会化推進協会】
所在地:〒537-0025 大阪府大阪市東成区中道3丁目8-11
理事長:西村 亮平
設立日:平成19年8月(内閣府認証)
電話番号:06-6971-1162
URL:https://happ.or.jp/
主な活動:
・ 家庭動物の適正な飼育方法やの啓発活動(動物愛護社会化検定 基礎級試験、専門級試験 の実施、
・ 犬の飼い方教室の開催、啓発ポスターの作成と掲示の推進など)、家庭動物に関する行政機関・
・ 獣医師会等の支援活動(地域の動物管理センター・保健所が実施している譲渡会の告知・広報と支援など)


【新日本カレンダー株式会社について】
本社:〒537-0025 大阪府大阪市東成区中道3丁目8-11
代表者:代表取締役社長 宮崎 安弘
設立:1939年11月
電話番号:06-6971-1251
URL:http://www.nkcalendar.co.jp/
事業内容:
・ ペット用品の通信販売
・ カレンダー、団扇、扇子及び紙製品の製造販売等

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:ペピイ用品通販ペピイ
TEL:0120-121-979
お問い合わせフォーム:https://www.peppynet.com/inquiry

QAL

注目のキーワード

  • ニュースリリース受付
  • イベントカレンダー
  • ペット業界マップ
  • メルマガ会員登録受付